AV総合系

桃太郎BBとは|ファンザのサブスク番組を入会から解約まで徹底解説

FANZAファンザ桃太郎BB

桃太郎BBはインディーズAVが見放題のFANZA(ファンザ)月額番組

桃太郎BBは老舗のインディーズAVメーカーである桃太郎映像出版の作品を配信する、ファンザの月額チャンネルです。

設立は1995年と会社としての歴史は古く、アダルトビデオ販売の時代からコアなファンに支え続けられています。

アダルト業界全体から見れば間違いなくマイナーな部類に属する、「ザ・インディーズ」と呼べるメーカーですが・・・

メジャーな大手メーカーには出せない、良い意味での「B級感」ともいえる作風が味わい深い魅力になっているのです。

全体的にクセのある番組だけに、ある意味で非常に分かりやすいチャンネルだと言えるでしょう。

hama
それだけ合う合わないがハッキリしているということです。

他のチャンネルとの違いや桃太郎BBならではのメリット・デメリットがいまいち分からないという方は、このページの解説を読んだ上で入会するかどうかの判断をしていきましょう。

桃太郎BBの魅力は2つある

既にご存知かもしれませんが、桃太郎BBはコスパで勝負する格安料金が売りの番組ではありません

また今をときめく旬のセクシー女優の出演や、男なら誰もが知っているような有名企画作品を看板にする番組とも違います

桃太郎BBに登録するメリットはズバリ以下の2点。

  1. B級感丸出しのユニークな企画エロ動画
  2. 洋物AVの多彩な品ぞろえ

では詳しく説明していきましょう。

①ダジャレやパロディを多用したユニークな企画AV

これは何度も出てきたキーワード「B級感」とも密接につながる、桃太郎BBの核になる要素です。

桃太郎BBの企画モノ動画には、いわゆるバコバコバスツアーやマジックミラー号のような、全国的な知名度を誇るビッグタイトルは残念ながらありません。

その代わりにインディーズメーカーだからこそ制作を可能にした、有名コンテンツのパロディやオマージュ的な作品が数多く登場します。

例えば恋愛観察バラエティの先駆け的存在である「あいのり」のラブワゴンをパロった「ヤリマンワゴン」

hama
純粋でプラトニックな恋がテーマのあいのりラブワゴンも、ヤリマン女優が乗り込めばエロ一色のとんでもない空間に変貌を遂げるのです(笑)。

そして見逃せないのが「エロすぎる日本昔ばなし」

子供向け絵本の定番である浦島太郎やかぐや姫も、桃太郎映像のスタッフにかかればたちまち卑猥で淫靡なストーリーに書き換えられてしまいます。

こうした遊び心(悪ふざけ?)のある企画AVでのオナニーが第1のメリットなのです。

②洋ピンポルノ作品のラインナップが充実

桃太郎BBのもう1つの特徴として、洋モノAVに強いという点があげられます。

理由は海外メーカーからの直接買い付けや撮影交渉を行うために、インディーズメーカーながら何と独自のネットワークを持っているため。

おかげで総作品数の約5分の1を洋モノ動画が占めています

ただし日本のスタッフが撮影したものよりも、買い付けた商品に日本独自タイトルを付けて販売(配信)している作品が大半。

そのため日本人男優と外国人女性の絡みを期待している方には向きませんが、本場の洋モノAV・特にアナルファック等のハードなプレイを好まれる方にはピッタリです。

hama
基本的に白人女性の作品がメインですが、「黒美人」「黒女尻」「黒顔射」といった黒人女優が主演を務める作品も少数ですがありますよ。

桃太郎BBをおすすめするのはこんな人!

こんな方におすすめ

  • 大手メーカーにはできない、独自のセンスとB級感が光る企画AVを観たい方
  • 安心の国内サイトで本場の洋モノAVをたくさん見たい方

桃太郎BBの基本情報と各種データ

ジャンル 月額料金 動画本数 新作動画の更新頻度 ストリーミング再生 スマホ・タブレット DRM制限
オールジャンル 3100円 約4200本 毎月10~15作品 対応 対応 あり

桃太郎BBの良い評価・口コミ

ココがおすすめ

・パッケージからすでにB級AV感が出ていて逆に惹かれる

本場の洋モノエロ動画がいっぱい見れる意外な穴場

低俗すぎるテーマの企画エロ作品は桃太郎ピクチャーズ制作ならでは

・偏りはあるものの女優~素人・SMとジャンルは幅広く配信

・昔からの桃太郎映像出版のファンなら入会必須

桃太郎BBの悪い評価・口コミ

ココがダメ

・オールジャンルの番組にしてはクセがあり過ぎる

・料金や作品数といったスペック面がイマイチ

・モザイクやブロック機能といった国内系ならではの弱点は当然あり

桃太郎BB(FANZA)の総合評価・体験談レビュー

桃太郎BBに関しては便宜上AV総合系にカテゴライズしていますが、実際はオールジャンルAVを観たい方が入会するべき番組ではありません。

一言でいうと「クセのあるエロ動画を求めているあなた」のためのチャンネル。ノーマルなAVに飽きた場合と言い換えても良いでしょう。

では具体的にあなたが桃太郎BBに入会すべきかどうかの判断基準をあげるとするとー

それはズバリ冒頭で述べた2つの魅力、つまりメリットに心が惹かれるかどうか。

まず1つ目のB級感あふれるユニークな企画AVは、ラインナップを見れば好き嫌いがはっきり分かれるほど個性的。良い意味でのインディーズ臭やマイナーなエロビデオ臭がぷんぷんしています。今をときめく人気セクシー女優の洗練された単体AV作品とは対極の位置にあるとも言えますね。

そして2つ目が洋モノ作品の充実度。こちらはほぼ直輸入の海外制作物ばかりなので、いわゆる日本人男性が好むような可愛いアイドル系白人女優は少数。逆にゴージャスなデカパイ・デカ尻のポルノスターや、本場のハードプレイ好きには嬉しい品揃えとなっています。

結論としては1番目のメリットだけに魅力を感じるならば、もう一度だけシリーズ一覧をチェック。そこに少なくとも5つ以上股間が反応してしまう企画シリーズがあれば、入会しても後悔することは決してないでしょう。

2番目のメリットだけに魅力を感じた方は、登録を急いではいけません。洋モノAVに関しては同じくFANZAの月額動画にある「プレイガールチャンネル」も得意としており、だいたい同程度の作品ストックがあり。

単純に外国人のエッチ動画がいっぱい見れるオールジャンルの番組をお探しなら、月額300円安いうえに総作品数は10倍超というプレイガールchの方が満足度が高くなります。

そして最後に両方ともに魅力を感じたならば、迷わず入会ページへ行くことをおススメ。下世話ともいえる企画エロスと本場の洋ピンポルノの豪華2本立てがあなたが来るのをまっています。

-AV総合系

© 2021 有料アダルトサイトの選び方