マニア・フェチ

関西マニア倶楽部の入会レビュー|アングラな猟奇的SMの苦痛と快楽

関西マニア俱楽部(DUGA)は真正S以外お断りのガチSM動画を配信するサブスク番組

関西マニア俱楽部はDUGA(デュガ)月額番組の1チャンネルです。

ページタイトル通り本格的、というよりガチの凌辱動画のみを配信。

その内容は「精神的苦痛や強烈な不快感を催す恐れあり」とわざわざ警告文を出すほどの過激さで、決してノーマルな性癖の人間が軽い気持ちで登録する番組などではありません。

hama
いわゆるセクシー女優が演じる生ぬるいSM風のエロ動画が見たいなら他を当たりましょう。ここは肉体と精神の両面においてM女に苦痛を与える行為に愉悦を覚える方のための、かなり特殊なコンテンツなのです。

そこでこのページでは凌辱的SM専門番組という意味では貴重な関西マニア俱楽部の特徴を、配信する作品の傾向やコスパ面などあらゆる角度から分析し、メリット・デメリットと共にまとめていきたいと思います。

もちろんあなたが猟奇や凌辱プレイに嫌悪感を感じるタイプであるならば、この先を読み進める必要は全くありません。

その場合はトップページ下部にある総合ランキングから、あなた自身の性的嗜好にぴったり合ったアダルトサイトを選ばれることをおススメします。

コストパフォーマンスは悪いが元は取れるってどういう意味?

まずはコスパからみていくと、関西マニア俱楽部の利用料は月額3800円。

取り立てて高くも低くもない、ごく普通の金額設定です。

次に作品数は約600。

これは圧倒的に少ない数字です。

平均的な利用料金に対してかなり少な目の配信作品のストック。

もうお分かりですね、関西マニア俱楽部は定額制のアダルト動画配信サービスにおいては、かなりコスパの悪い部類に入るサブスク番組なのです。

ただし配信作品を単品販売(PPV)で購入した時の場合を考えると、コスパは悪くても元は取れる番組だということが分かります。

どういうことか説明すると、関西マニア俱楽部で扱っている作品の大半は1本当たり1000円以上、高単価のもので3000円程度で販売されています。

つまり1ヵ月の入会期間中に少なくとも4作品を視聴すれば、払った金額と同等の価値は得たことになるのです。

-マニア・フェチ

© 2021 有料アダルトサイトの選び方